ブライダルチェックを受けるべき?後悔に繋がる不妊検査

2013-04-25_17h50_04

病院に行ってブライダルチェックや不妊検査を受ける目的とは何でしょうか。
赤ちゃんがほしい、でもなかなか妊娠しないから、自分が妊娠できるかどうかを確かめたい。
それは当然の理由です。
しかし、もし不妊検査を受けて何も問題がなかったら、その時はどうしますか?

不妊検査で問題なしなら妊娠できる?

不妊検査というのは、不妊となりうる原因を調べるための検査です。
血液検査などの基本的なものから、子宮卵管造影検査など少し大変な検査までいろいろありますが、不妊の原因として予想されるものをひとつひとつ調べていくのが基本的な進め方です。
では、不妊検査で何も問題なかった場合は、妊娠できるということなのでしょうか?

いいえ、確実にそうだとは言えません。
不妊の中には、原因が明らかになっていないものがあります。
「原因不明不妊」と呼ばれるものがあるように、検査をして何も異常が見つからなかったとしても、妊娠できないという可能性も考えられます。

それは、何も問題がないわけではなく、問題や異常があるけれど現在の医療技術では見つけられない、ということに過ぎないのです。

「検査を受ければ安心」ではない

現代に生きる女性は多忙です。
仕事はもちろん、趣味や資格の勉強などに多くの時間を割き、自分自身を磨きたい、高めたいという欲求が強くなっています。

そんな中で「そろそろ子供を…」と考え、なかなか妊娠しないので不妊検査を受けたとします。
もしも検査で異常が見つからなかったら、ホッとすると同時に「不妊じゃないんだから、いつか妊娠できるはず。安心して仕事や趣味を優先しよう」と考える人も多いことでしょう。

しかし、不妊検査をしたからといって「あなたは不妊症ではない」と太鼓判を押されるわけではありません。
もちろん、診断書がもらえるわけでもありません。

検査の結果異常が見つからなくても、妊娠できるという確実な保証はどこにもないのです。

そればかりか、時間の経過とともに、女性は確実に妊娠しにくくなっていきます。
晩婚化が進んだ現代においてはもう「結婚適齢期」などという言葉は死語になりつつありますが、「妊娠適齢期」というのは女性が女性である限り、今も昔も変わりません。
女性の生殖能力は、年齢を重ねるにしたがってどんどん低下していくのです。

検査で異常がなかったからといって妊娠を後回しにしていては、のちのち後悔することにもなりかねません。

「不妊検査異常なし=妊娠できる」ではない、ということをしっかり頭の中に入れ、家族計画についてパートナーと真剣に考える必要があるでしょう。
カンジダ市販薬が効かない!私のしつこいカンジダが治った理由
Pocket
LINEで送る

関連記事

カンジダ市販薬が効かない!私のしつこいカンジダが治った理由

カンジダ治療体験談

  1. 06e543d4e789da7f2e8d7265e3ebec2f_m
    カンジダのかゆみが出た時の対処法。自宅での治療法をアンケート。…
  2. 2013-07-27_22h27_57
    私が3週間続けて風邪薬を飲んでも、カンジダを再発させなかった乳酸菌があります。 再発させ…
  3. 2014-07-22_22h50_23
    カンジダと便秘予防に繋がりました。生理前にカンジダを再発させたくなくて、世界にただ一つのデーデルライ…
  4. 2014-07-16_21h51_51
    カンジダの市販薬だけでは治りきらなかったけど、サプリも併用して自宅治療した体験談です。その後病院に行…

ZENBACK

ページ上部へ戻る