不妊治療尿検査の内容|健康診断と同じでしょ?いいえ侮ってはいけません

476aa57f50def00ef73420c3afe56050_s

不妊検査における尿検査では、主に

  • 糖尿
  • 腎機能
  • クラミジア抗原

について調べます。

また、初診の場合は妊娠の有無を確認するために尿検査をすることもあります。
それでは、尿検査の目的と検査結果についてみていきましょう。

不妊検査における尿検査の目的

尿検査は、多くの場合初診時に行われます。

これは、一般的な健康状態を知る目的が大きく、糖尿、腎機能について調べるものです。
不妊の原因となる生理不順・排卵障害は、子宮や卵巣の病気だけではなく、
糖尿病や腎臓病などの病気も関係していることがあります。

不妊治療を始めるにあたって、そのような病気がないかどうかを調べるのが、この尿検査です。

そして、クラミジア抗原についての検査も行います。

血液検査によるクラミジア抗体検査だけでは、過去のクラミジア感染の有無しかわかりませんので、
尿検査によって現在クラミジアに感染しているかどうかを調べます。

また、初診の場合は、妊娠の有無を調べる目的もあります。
生理不順などがある女性の場合は、自分でも気が付かないうちに妊娠していたということがあります。
本人が妊娠の申告をしていなくても、万が一の可能性を考えて、病院で尿検査をするのです。

検査方法

トイレで尿を採取し、提出します。

病院によって方法が違うので、わからない場合は看護師さんか受付のスタッフに確認しましょう。
初診の前は尿検査をすることを前提に、トイレに行く間隔を調節するといいかもしれませんね。

検査結果が意味すること

尿糖

尿糖の基準値は(-)です。
これが(±)あるいは(+)になると、糖尿病が疑われます。

糖尿病になると、インスリンの代謝に異常が出るため、
ホルモンのバランスが崩れやすく、排卵機能にも何らかの影響があると考えられています。

糖尿病の女性は不妊になりやすいだけでなく、妊娠してからもさまざまなトラブルが出やすいため、
不妊治療を受ける前に糖尿かどうかを調べ、糖尿病が疑われる場合は詳しい検査が勧められます。

腎機能

腎臓に異常があったり、腎機能が低下していると、尿蛋白が(+)になります。

腎臓と不妊というのは直接関係がないように思われがちですが、女性の場合、慢性腎不全によって生理不順・無月経になることが知られているとおり、腎臓の機能とホルモンの間には密接な関係があります。

腎機能に何らかの異常があると考えられる場合は、詳しい検査をして、
生理不順・無月経の原因が腎臓にあるかどうかを明らかにします。

クラミジア抗原

クラミジア抗原検査で陽性が出た場合は、現時点でクラミジアに感染しているということですので、
早急な治療が必要になります。

クラミジアは、卵管や卵管采に炎症を引き起こしたり、卵管を閉塞させたりして、
受精卵を子宮に運ぶ機能を低下させてしまいます。

クラミジアにかかっていることが判明したら、抗生物質などを使って治療をします。

アドバイス

尿検査は、今現在の自分の健康状態を知る上でも大切なものです。

初診で婦人科に行く場合は、大抵の場合尿検査が行われますので、通常の健康診断と同じように、
前日は暴飲暴食を控え、早めに寝ることが大切ですね。

もしも尿糖や尿蛋白などの異常が出た場合でも、必ずしも糖尿病や腎臓病であるとは限りませんので、これを機に自分の生活を見つめなおし、内科などで詳しく検査をしてもらうなどして、健康状態を把握するようにして下さい。

乳酸菌でカンジダ再発予防|陰部の痒みを繰り返さない体作りのコツ
Pocket
LINEで送る

関連記事

カンジダ市販薬が効かない!私のしつこいカンジダが治った理由

カンジダ治療体験談

  1. 964cda47790a4556c70f6b9e869956e1_m
    カンジダをうつしてしまいました。ごめんなさい。カンジダは女性の4人に3人がかかる性器の病気。…
  2. ca7566e9924c152382b7182e5fc3d581_m
    旦那にカンジダをうつしたと告白すると、烈火のごとく怒るケースがあります。なぜなら浮気を疑っているから…
  3. 06e543d4e789da7f2e8d7265e3ebec2f_m
    カンジダのかゆみの止め方を36人に聞いてみました。…
  4. 2013-07-27_22h27_57
    私が3週間続けて風邪薬を飲んでも、カンジダを再発させなかった乳酸菌があります。 再発させ…

ZENBACK

ページ上部へ戻る