不妊治療専門の病院はどんなところ?赤ちゃんと出会うための暖かい場所です

2013-05-01_18h03_34

不妊治療専門の病院(不妊専門クリニック)は、普通の産婦人科に比べて受診しにくいと思われがちです。
なんとなく敷居が高くて、通うのをためらってしまう人も多いものですが、不妊専門クリニックのメリットは、何といってもその専門性の高さと安心感にあります。

ここでは、不妊専門クリニックとはどんなところなのかを紹介します。

不妊専門クリニックと産婦人科の違い

不妊専門クリニックは、文字通り不妊治療を専門に行なっているクリニックです。
医師は不妊治療の専門家であり、看護師や受付などのスタッフも不妊について知識を持っているため、患者の精神的なサポートもしてくれます。
多くのクリニックでは、不妊治療を受ける患者に対してカウンセリングをしていたり、不妊コーディネーターがいて、治療方針や不安なことについて納得いくまで話を聞いてくれたりします。

私が通っていた不妊専門クリニックでは、不妊治療についての勉強会、セミナーなどが定期的に開催され、患者同士が匿名で交流できるノートを置いていたり、アロママッサージを受けることができたりと、さまざまな工夫がされていました。

産婦人科では、不妊治療を受ける人だけではなく、妊婦さんもたくさんいるため、精神的に大きな負担となることがあります。
特に、生理がきて落ち込んでいる時に見るお腹の大きな妊婦さんの幸せそうな姿は、何とも辛いものです。

その点、不妊治療専門の病院(不妊専門クリニック)では妊婦さんを目にすることもないため、余計な気を遣ったりストレスを感じたりすることがありません。

パートナーと一緒に不妊専門クリニックへ

妊娠した妻に付き添って産婦人科へ来る夫は多いものの、夫婦で不妊治療のために産婦人科に行くとなると、かなり抵抗を感じる男性も多いことでしょう。
プライドの高い男性は特に、周りの目が気になって産婦人科に行きたがらないということもあるのではないでしょうか。

不妊専門クリニックはこの点でもメリットがあります。
男性不妊の検査や治療のため、男性も通って当たり前という雰囲気がありますし、クリニックによっては男性専用の待合室を設置していたり、男性不妊専門の外来日を設けているところもあります。

不妊治療はパートナーと一緒でなければできません。
夫にとっても通いやすい病院を選ぶことが大切ですね。

不妊専門クリニックは、赤ちゃんに出会うために気軽に訪れることができる場所です。

患者の不安や精神的負担を和らげるため、優しくあたたかい雰囲気のクリニックが多いので心配せずに通ってみることをオススメします。
乳酸菌でカンジダ再発予防|陰部の痒みを繰り返さない体作りのコツ
Pocket
LINEで送る

関連記事

カンジダ市販薬が効かない!私のしつこいカンジダが治った理由

カンジダ治療体験談

  1. 964cda47790a4556c70f6b9e869956e1_m
    カンジダをうつしてしまいました。ごめんなさい。カンジダは女性の4人に3人がかかる性器の病気。…
  2. ca7566e9924c152382b7182e5fc3d581_m
    旦那にカンジダをうつしたと告白すると、烈火のごとく怒るケースがあります。なぜなら浮気を疑っているから…
  3. 06e543d4e789da7f2e8d7265e3ebec2f_m
    カンジダのかゆみの止め方を36人に聞いてみました。…
  4. 2013-07-27_22h27_57
    私が3週間続けて風邪薬を飲んでも、カンジダを再発させなかった乳酸菌があります。 再発させ…

ZENBACK

ページ上部へ戻る