産婦人科と不妊専門クリニックの違い|後悔しない選択はどっち?

2013-04-26_22h10_28

不妊検査を受けるとなったら、病院選びにも頭を悩ませるものです。
近所にある普通の産婦人科に行くか、それとも少し遠いけれど、不妊治療専門のクリニックへ行くか…
不妊治療に一歩踏み出そうとしている人がまず最初に悩むポイントは、ここだと思います。

それでは、産婦人科と不妊専門クリニック、どちらを選んだらよいのでしょうか。

不妊専門クリニックのメリット

最初からいきなり不妊専門クリニックに行くということに、抵抗がある人もいるでしょう。
「体外受精などの高度な治療をする人しか行っちゃいけないのでは?」
など、不安や誤解もあるかもしれません。

不妊専門クリニックは、その名前の通り不妊治療を専門に行う病院です。
だからといって敷居が高いということはなく、
不妊かも…という不安を持っている人なら誰でも診察や検査を受けることができます。

不妊専門クリニックの大きなメリットは、何といっても安心感です。

不妊治療は一人でするものではありません。
パートナーの男性も検査を受けることがありますし、治療方針や医師からの説明などは二人で聞きたいもの。
普通の産婦人科だと、男性は居心地の悪さを感じてしまうものです。

妊娠ではなく不妊治療に通うとなれば、なおさらかもしれません。
女性にとっても、なかなか妊娠しなくて悩んでいる時、
産婦人科でお腹の大きな妊婦さんを目にするのは辛いことでしょう。

その点、不妊専門クリニックには男性も多く通っていますし、
男性専用の待合室を設置しているクリニックもあります。

妊婦さんを見ることがないのでストレスもなく、みんなが同じように悩んで治療をしていることを知ると、自分も頑張って治療しようと思えたりするものです。

産婦人科に通っても、結局転院することも

一般の産婦人科では、詳しい不妊検査に対応していないところもあります。
そういう場合は、大きな病院に紹介状を出されたり、
結果的に不妊専門クリニックへ転院しなければならないということもあります。

私も、最初は普通の産婦人科に通ったのですが、卵管造影検査の時は大学病院へ行くように指示されましたし、パートナーの精液検査も別の泌尿器科に行かなければならず、不便な思いをしました。
結局1年ほどで不妊専門クリニックへ転院したのですが、そこであらためてする検査も多く、はじめから不妊専門クリニックへ通っていれば時間を無駄にしなかったな、と後悔したものです。

大切なのは医師との相性

不妊治療において大切なのは、医師との相性です。
いくら技術があっても、患者に冷たかったり機械的な対応をする医師では、
治療を任せようという気にはならないもの。

不妊というデリケートな問題だからこそ、本当に信頼できる医師に任せたいですよね。

不妊専門クリニックの場合、医師が不妊治療に熱意を持って取り組んでいることが多く、また看護師などのスタッフも、不妊の辛さや悩みよく理解しているため、心理的なサポートをしてくれることもあります。

そういった点においても、普通の産婦人科よりは不妊治療専門のクリニックへ通う方がメリットがあると言えます。
カンジダ市販薬が効かない!私のしつこいカンジダが治った理由
Pocket
LINEで送る

関連記事

カンジダ市販薬が効かない!私のしつこいカンジダが治った理由

カンジダ治療体験談

  1. 964cda47790a4556c70f6b9e869956e1_m
    カンジダをうつしてしまいました。ごめんなさい。カンジダは女性の4人に3人がかかる性器の病気。…
  2. ca7566e9924c152382b7182e5fc3d581_m
    旦那にカンジダをうつしたと告白すると、烈火のごとく怒るケースがあります。なぜなら浮気を疑っているから…
  3. 06e543d4e789da7f2e8d7265e3ebec2f_m
    カンジダのかゆみの止め方を36人に聞いてみました。…
  4. 2013-07-27_22h27_57
    私が3週間続けて風邪薬を飲んでも、カンジダを再発させなかった乳酸菌があります。 再発させ…

ZENBACK

ページ上部へ戻る