不妊治療クラミジア抗体検査の体験談|静かに忍び寄る不妊の魔手

2013-05-30_21h36_01

クラミジア抗体検査はどのように行われるのか。
そして、クラミジアとはどんなことを引き起こしてしまうのか。
私が受けたクラミジア抗体検査の様子を体験談にまとめました。

検査の様子

私が通っていた病院では、一般血液検査の際の採血によって、
クラミジアの検査も同時に行なっていましたので、採血は一度で済みました。

不妊検査の一番最初で行われる検査ですから、クラミジアというものは何なのか、
クラミジアにかかっていると何が悪いのが全くわからず、ただ漠然と

「性感染症があるかどうか調べるのか…」

ということしかわかっていなかったように思います。

検査の結果

IgA抗体、IgG抗体の両方がマイナスで、クラミジアには現在・過去ともに感染がないという結果でした。

クラミジア自体が何なのかわかっていなかった私でも、
「もし知らない間に性感染症にかかっていたらどうしよう」といった不安はやはりありました。

結婚前はムチャな遊びや若気の至りのようなことも平気でしていましたし、
不正出血や性器のかゆみなど長く続いた時期もあったのですが、
婦人科に行くのが恥ずかしくてそのままにしてしまった過去もあったため、
検査結果が陰性で心からホッとしました。

検査をして感じたこと

結果を聞いた時、医師からクラミジアについて少し詳しく話を聞くことができました。

クラミジアという感染症は、

  • 自覚症状がないために気が付かないうちに感染し、そのままになっているケースが多いこと。
  • もしクラミジアが卵管に達して炎症をおこすと、卵管の詰まりや癒着が発生するため、受精卵を子宮に運ぶことができず、不妊や子宮外妊娠の原因になること。
  • 妊娠中にクラミジアに感染した場合は、流産や早産を引き起こす原因となること。
  • 胎児にも肺炎や結膜炎などの影響が出ること。

などを説明してもらい、クラミジアという病気の怖さを初めて知りました。

自分の知らないうちにクラミジアにかかり、知らないうちに不妊になってしまうこともある。
それはとても恐ろしいことです。

不妊の原因になるだけではなく、せっかく妊娠しても流産してしまったり、
早産の危険があるだけでなく、生まれてくる赤ちゃんにまで危険が及ぶかもしれないなんて…

検査結果は異常なしだったものの、こんなに怖い病気のことを、
今までなぜ知らなかったのだろう、と愕然としました。

クラミジアに感染しても、みんながみんな妊娠不可能になってしまうわけではありません。
卵管の詰まりや癒着があっても、腹腔鏡手術や体外受精などの方法で、妊娠することはできるでしょう。

しかし、一番大切なのはクラミジアに感染しないようにすること。

そして定期的に健診を受け、感染がある場合は早めに治療することです。
そのためには、若いうちから性感染症や不妊に関する知識をつけることが大切なのだと思いました。

乳酸菌でカンジダ再発予防|陰部の痒みを繰り返さない体作りのコツ
Pocket
LINEで送る

関連記事

カンジダ市販薬が効かない!私のしつこいカンジダが治った理由

カンジダ治療体験談

  1. 964cda47790a4556c70f6b9e869956e1_m
    カンジダをうつしてしまいました。ごめんなさい。カンジダは女性の4人に3人がかかる性器の病気。…
  2. ca7566e9924c152382b7182e5fc3d581_m
    旦那にカンジダをうつしたと告白すると、烈火のごとく怒るケースがあります。なぜなら浮気を疑っているから…
  3. 06e543d4e789da7f2e8d7265e3ebec2f_m
    カンジダのかゆみの止め方を36人に聞いてみました。…
  4. 2013-07-27_22h27_57
    私が3週間続けて風邪薬を飲んでも、カンジダを再発させなかった乳酸菌があります。 再発させ…

ZENBACK

ページ上部へ戻る