子宮内膜症は子宮がんの検査と同じ?実際に私が受けた検査達

2014-12-24_09h48_27

子宮内膜症の検査というと、どんな検査を行うのか不安になるものですね。

子宮がん検査を受けており、その際に何も言われないので大丈夫だと思っている人もいるかもしれません。しかし、子宮がん検査と子宮内膜症の検査の内容は、全く別物になります。

子宮がん検査のように、一つの検査で子宮内膜症であると言い切れる訳ではないようです。いくつかの検査を受け、総合的に医師が判断すると考えるようにしましょう。

私が子宮内膜症であると診断されるまでに受けた検査は数種類ありました。

問診、内診

問診では、毎月の月経の様子や痛みについてなどを聞かれる事が多いでしょう。

前回の月経開始日なども聞かれる事があるので、きちんと答えられるように把握しておくと良いかもしれません。また、内診ではお腹などを触り、卵巣の腫れがないかなどを見るようです。

血液検査

血液検査は、初回の検査のみならず、定期健診の際にも毎回行われました。

「CA125」という数値を調べるためで、子宮内膜症になると、この数値が上昇するのだそうです。血液検査の結果により、子宮内膜症であるかどうかの判断基準となります。

超音波エコー検査

お腹の上から当てる超音波エコーと、膣内からの超音波エコーがあります。妊娠中に赤ちゃんを見る時に使うものと同じものですね。

いずれもエコー画像を一緒に見る事が出来るので、説明を受ける際にも分かりやすい検査です。

私の場合は、子宮内膜症からのチョコレート嚢胞があったので、超音波エコーにはっきりと映り込んでいました。嚢胞がどのくらいのサイズなのか確認する為に、定期健診でも毎回検査を行っていました。

CT、MRI検査

体の断面を見る為の検査ですので、子宮と卵巣の位置などを確認する為に行われます。

この検査は、頻繁に行われる訳ではなく、最初の診断の際と手術の前だけに検査を受けました。病院により、診察とは別日に予約を取らなくてはなりません。

他の検査に比べ、費用が掛かる検査になります。私が受けたときには、5000円から8000円程の費用が掛かったと記憶しています。

検査内容は子宮がんのものとは違います

子宮がん検査のように、細胞を一部とり、検査をするという訳ではありません。

子宮がん検査で異常が見つからなかったからと安心せずに、気になる事があれば受診するようにしましょう。

また、上記の検査内容については、あくまでも私が体験した検査であり、全ての人に当てはまる訳ではありません。全ての検査が不必要な場合も、他の検査内容が追加される事もあるでしょう。

どんな検査なのか、何のために行うのかを確認しておくと安心かもしれませんね。

乳酸菌でカンジダ再発予防|陰部の痒みを繰り返さない体作りのコツ
[`evernote` not found]
Pocket
LINEで送る

関連記事

乳酸菌でカンジダ再発予防|陰部の痒みを繰り返さない体作りのコツ

カンジダ治療体験談

  1. 964cda47790a4556c70f6b9e869956e1_m
    カンジダをうつしてしまいました。ごめんなさい。カンジダは女性の4人に3人がかかる性器の病気。…
  2. ca7566e9924c152382b7182e5fc3d581_m
    旦那にカンジダをうつしたと告白すると、烈火のごとく怒るケースがあります。なぜなら浮気を疑っているから…
  3. 06e543d4e789da7f2e8d7265e3ebec2f_m
    カンジダのかゆみの止め方を36人に聞いてみました。…
  4. 2013-07-27_22h27_57
    私が3週間続けて風邪薬を飲んでも、カンジダを再発させなかった乳酸菌があります。 再発させ…

ZENBACK

ページ上部へ戻る