子宮内膜症卵巣のう腫手術体験談|手術当日の出来事

2015-01-27_14h56_56

子宮内膜症からの卵巣嚢腫で、腹腔鏡手術を行いました。

入院の翌日が手術というスケジュールになります。手術前日は、他手術と同じく絶食や下剤を飲むなどの指示があり、ゆっくりと過ごしました。翌日に迫る手術に緊張し、絶飲なのにも関わらず、のどが渇いてしかたない一夜となりました。

手術前

手術の予定時間が訪れるまでは、部屋でひたすら待機をしていました。

看護師さんが訪れ、下剤を飲んだ後の便の様子を確認したりと落ち着きません。昨晩から水を飲んでいないので、のどが渇き、うがいばかりして過ごします。

手術の前には、血栓防止の着圧靴下を履く必要がありました。靴下は、圧が掛かるような作りになっているので、履くのに手間取り手伝いを必要とする程です。

手術直前

手術の時間が訪れると、看護師さんと共に歩いて手術室へ向かいます。緊張する私に、明るく励ましてくれる看護師さんの様子がとても印象的でした。

しかし、緊張していた為に、会話の詳細は覚えていません。手術室は、映画やドラマなどで見かける部屋と全く同じで、ベッドの上に大きなライトがありました。

横になるよう促され、名前の確認を行います。麻酔を掛けると、3秒後には意識がなくなっていました。

術後の目覚め

名前を呼ばれる声と、ベットが移動する感覚で意識が戻りました。しかし、声も出せず、再度意識を失ったようです。

次に気が付いた時には、病室のベットの上にいました。隣には、看護師さんと家族の姿がありました。

意識がはっきりするにつれ、痛みを感じます。どこが痛いというより、お腹全体がズキズキと痛むようでした。お腹が痛いので、「痛い」と言うと、準備してあった痛み止めの注射を看護師さんが打ってくれます。

注射を打つと、一瞬で痛みは消えて行きました。あまりに一瞬で消えた痛みに、不思議な思いでした。

意識は朦朧としているものの、会話が出来る程度でしたので、家族と少々話をする事が出来ました。ただ、眠気が酷く、少し話すとすぐに眠りについてしまったようです。

夜中

次に目が覚めたのは、夜中に看護師さんが見回りに来てくれた時でした。

痛み止めが効いているのか、痛みは全く感じません。

しかし、足元についている血栓防止のマッサージ用機械のような物が気になりだしてしまいました。普段は、物音には疎い私が、なぜか音が気になって堪らないのですから、不思議です。

プシューという音と共に、脚をマッサージしてくれるのですが、音が耳触りでなりません。しばらく我慢していたものの、先生が回診に来てくれた際に、相談する事にしました。

先生は、看護師さんに、機械を外すように手配してくれたので、無事に外す事となりました。代わりに、極力脚をベッドの中で動かす事と指示がありました。

ベットの中で足首を上下に動かしてみましたが、お腹に響く事はなく、安心して動かす事が出来ます。機械が外れると、とても満足感を感じ、朝までぐっすると眠る事が出来ました。

手術直後の感想

手術後に目覚め、痛み止めの注射を打つまでの一瞬は痛みを感じましたが、それ以外で痛みを感じる事がない一日でした。

痛みを感じる事はありませんが、何故か起き上がろうという気にはなりませんでした。全身が重く、頭もすっきりせずに朦朧としていた為かもしれません。ただ眠たく、少し目が覚めては眠るの繰り返しで朝を迎えてしまいました。

まだ手術を受けたという実感さえあまり感じる事はありませんでした。

乳酸菌でカンジダ再発予防|陰部の痒みを繰り返さない体作りのコツ
[`evernote` not found]
Pocket
LINEで送る

関連記事

カンジダ市販薬が効かない!私のしつこいカンジダが治った理由

カンジダ治療体験談

  1. 964cda47790a4556c70f6b9e869956e1_m
    カンジダをうつしてしまいました。ごめんなさい。カンジダは女性の4人に3人がかかる性器の病気。…
  2. ca7566e9924c152382b7182e5fc3d581_m
    旦那にカンジダをうつしたと告白すると、烈火のごとく怒るケースがあります。なぜなら浮気を疑っているから…
  3. 06e543d4e789da7f2e8d7265e3ebec2f_m
    カンジダのかゆみの止め方を36人に聞いてみました。…
  4. 2013-07-27_22h27_57
    私が3週間続けて風邪薬を飲んでも、カンジダを再発させなかった乳酸菌があります。 再発させ…

ZENBACK

ページ上部へ戻る