黄体機能不全の治療を受けるなら知っておくべき不妊検査の内容

a3528e0b42bfca3e3aba6ba98479c8d3_s

黄体機能不全が起こると黄体の機能が低下し、プロゲステロンの分泌が不十分となります。

この状態になると私たちの子宮に起こる内膜の形成が不十分となりますので、妊娠しにくくなってしまいます。

黄体機能不全は、妊娠を望まない方にとっては治療も不必要である
なんて事ない物となりますが、妊娠を望んでいる女性とっては、一大事です。

黄体機能不全の検査というのはなく、総合的な不妊検査となりますので、
不妊治療専門クリニックにて適切な検査、治療を受けてみて下さい。

不妊検査の内容について

血液検査、尿検査

卵胞ホルモンや黄体ホルモンなどの値を調べることが出来ます。
また、さまざまな健康状態のチェック、感染症などについても
同時に検査を行います。

超音波

子宮内の膜の厚さは正常かどうか、子宮内の環境について、
卵胞が育っているかなどをチェックします。

子宮卵管造影検査

かなり苦痛を伴う検査となりますが、重要な検査の1つです。
この検査では、卵巣から飛び出た卵胞が子宮内部に入っていくための
管に詰まりがないかを調べます。

不妊検査後の治療について

不妊検査は、生理周期を元に行うことになりますので2~3ヶ月の
検査期間が必要となります。また、限られた日数の中での検査と
なりますので、仕事などの都合を付けなくてはいけない時もあります。

その後の治療は、検査内容を元にそれぞれ変わってきます。
黄体機能不全以外にも不妊の原因となっているものが見つかれば、
それぞれにあった治療を進めていくことになります。

これらの検査を行う時は夫、パートナーの協力も必須となりますので、
どういった内容の検査になるのか、目的はお互いに明確にしておく、
検査費用についてなどを、話し合っておくと良いでしょう。
カンジダ市販薬が効かない!私のしつこいカンジダが治った理由
Pocket
LINEで送る

関連記事

乳酸菌でカンジダ再発予防|陰部の痒みを繰り返さない体作りのコツ

カンジダ治療体験談

  1. 06e543d4e789da7f2e8d7265e3ebec2f_m
    カンジダのかゆみが出た時の対処法。自宅での治療法をアンケート。…
  2. 2013-07-27_22h27_57
    私が3週間続けて風邪薬を飲んでも、カンジダを再発させなかった乳酸菌があります。 再発させ…
  3. 2014-07-22_22h50_23
    カンジダと便秘予防に繋がりました。生理前にカンジダを再発させたくなくて、世界にただ一つのデーデルライ…
  4. 2014-07-16_21h51_51
    カンジダの市販薬だけでは治りきらなかったけど、サプリも併用して自宅治療した体験談です。その後病院に行…

ZENBACK

ページ上部へ戻る