不妊治療AMH検査の内容|あなたに残された時間

2013-05-31_23h40_25

AMH検査とは、抗ミューラー管ホルモン検査、卵巣予備能力検査とも呼ばれます。
不妊治療の歴史からいうと、つい最近実施されるようになった検査で、血液検査によって行われます。

それでは、AMH検査の詳しい内容をご説明します。

AMH検査の目的

AMH(抗ミューラー管ホルモン)とは、卵巣の中の前胞状卵胞、つまり、成長途中の小さな卵胞から分泌されるホルモンで、ざっくり言ってしまうと、女性の卵巣年齢を調べるための指標となります。

実は、女性の卵子というのは、成長にともなって一つ一つ作られるものではありません。
卵巣には女性が胎児のころから生涯に渡って排卵される分の卵子があり、それが長い期間ストックされていて、時期が来るたびにひとつずつ排卵される仕組みになっているのです。

そのストックされている卵子から分泌されるAMHを採取し、
卵巣の中にこれから排卵される卵子がどれくらい存在するのかを調べることによって、おおよその卵巣年齢を予想し、今後の治療方針や排卵誘発の方法を決めるのが、AMH検査の目的です。

FSHとAMHはともに排卵に直結

これまで、卵巣機能を調べるためにはFSHと呼ばれる卵胞刺激ホルモンの値を測定するのが主流でしたが、FSHは月経周期によって変動が大きく、正確な評価が難しいことが指摘されていました。

AMHは、月経周期にかかわらず数値が一定であるため、より正確に、詳しく卵巣機能の評価ができるとして、近年不妊治療では注目を集めている検査です。

検査方法

血液検査によって行われます。
月経周期によって結果が左右されないため、いつでも検査をすることができます。
保険がきかない検査なので、自費診療となります。

検査結果が意味すること

一般的には、若くて卵子のストックが多いほどAMHの値が高く、妊娠しやすいと言えます。

反対に、年齢を経るにしたがってストックされている卵子は少なくなっていきますから、そこから分泌されているAMHの値も低くなる傾向にあります。
AMHが卵巣年齢の指標となると言われているのは、そのためです。

AMHは人によって数値が大きく違うため、どれが正常値という判断はありません。

ある程度の目安として、31歳以下の若い女性の場合はだいたい5~6ng/ml、35歳の女性では4~5ng/ml、40歳を過ぎると1~2ng/mlというように推移していきます。
年齢とともに卵子のストックが減り、閉経が近くなる、妊娠しにくくなるということがわかります。

多嚢胞性卵巣症候群

逆に、数値が高すぎる場合は、多嚢胞性卵巣症候群が疑われます。

多嚢胞性卵巣症候群は、排卵時期が近づくと通常卵子が1つだけ大きく成長するはずが、卵巣の中の複数の卵子が少しずつ大きくなってしまうため、排卵しにくくなってしまうというものです。
未成熟な卵胞が増えるため、必然的にAMHの値が上昇します。

アドバイス

AMH検査で得られる結果はあくまでも「目安」と捉え、数値のみで一喜一憂しないことが大切です。

一般的にAMHが「低い」と言われるのは1~3ng/mlですが、
このAMHと卵子の質というのは必ずしも関係がないと言われています。

AMHが低いということは、あくまでも残っている卵胞が少ないということ。
結果が直接卵子の質に結びつくわけではありませんから、妊娠をあきらめる必要はありません。

逆に多嚢胞性卵巣症候群が疑われる場合は、注意をしながら排卵誘発をしていきます。

どちらの場合でも、現状にあった治療をする、またはステップアップを検討することになりますので、
AMH検査の結果をもとに、医師と今後の治療についてよく話し合うようにしましょう。
カンジダ市販薬が効かない!私のしつこいカンジダが治った理由
Pocket
LINEで送る

関連記事

乳酸菌でカンジダ再発予防|陰部の痒みを繰り返さない体作りのコツ

カンジダ治療体験談

  1. 964cda47790a4556c70f6b9e869956e1_m
    カンジダをうつしてしまいました。ごめんなさい。カンジダは女性の4人に3人がかかる性器の病気。…
  2. ca7566e9924c152382b7182e5fc3d581_m
    旦那にカンジダをうつしたと告白すると、烈火のごとく怒るケースがあります。なぜなら浮気を疑っているから…
  3. 06e543d4e789da7f2e8d7265e3ebec2f_m
    カンジダのかゆみの止め方を36人に聞いてみました。…
  4. 2013-07-27_22h27_57
    私が3週間続けて風邪薬を飲んでも、カンジダを再発させなかった乳酸菌があります。 再発させ…

ZENBACK

ページ上部へ戻る