人工授精の成功率|過剰に期待できない現実とは

2013-11-03_22h03_00

タイミング療法からのステップアップで人工授精を始めた場合、
「これで妊娠するかも!」
という期待を抱くのは当然のことです。

しかし、人工授精はあくまでも自然妊娠のサポートをする方法に過ぎません。
今回は人工授精の成功率についてみていきましょう。

意外に低い?人工授精の成功率

クリニック毎の統計にもよりますが、一般的に人工授精の成功率は、20%前後とされています。

これは、健康なカップルが排卵日付近に夫婦生活を持った場合に妊娠する確率と、さほど変わりません。

ですから「人工授精にステップアップさえすれば妊娠できる」といった安易な期待を持っていると、それをあっさり裏切られることにもなってしまいます。

年齢と成功率

また、女性の年齢によっても人工授精の成功率は変わってきます。

20代の女性が人工授精をした場合の成功率は20%を少し上回る程度だと考えられていますが、これが30代台の女性になると8~9%まで落ち込み、40歳以上となるとわずか2%にまで下がってしまうのです。

人工授精は、精子を子宮に注入する以外は自然妊娠と同じです。
そのため、女性の「妊娠力」によって成功率が変化していくのです。

女性は加齢とともに卵子の質が劣化し、卵胞ホルモンや黄体ホルモンといった妊娠と大きく関わるホルモンの分泌が低下するため、30代後半を過ぎた女性が人工授精で妊娠する確率はぐっと低くなってしまうのです。

回数を重ねれば成功率はアップする?

このような理由から、単純に回数を重ねれば人工授精の成功率が上がるわけではないことがわかるでしょう。

反対に、回数を重ねたことで明らかになるのは、人工授精で妊娠できない可能性だともいえます。

人工授精の実施回数は多くない

人工授精で妊娠したカップルの多くは、3~4回目の人工授精までに妊娠しているとされています。

もちろん、5回、6回と繰り返し人工授精を続けて妊娠できる確率は0ではありませんが、それはまれなケースです。

ある程度回数を重ねても妊娠しない場合は、受精障害やピックアップ障害といった、人工授精ではカバーしきれない不妊の原因も考えられるため、体外受精へとステップアップすることを勧められるでしょう。

私自身は、7回まで人工授精を経験しましたが、妊娠への期待があったのはやはり3~4回目までで、5回目以降になると
「また妊娠できないのではないか」という不安や焦りの方が大きくなりました。

こういったマイナスな気持ちを抱えたまま人工授精に臨むよりは、思い切って体外受精へ進むのもひとつの方法であると思います。

人工授精の成功率は、劇的に高いものではありません。過剰な期待は禁物です。

自分が通っているクリニックでの成功率や年齢を考えて、「人工授精は何回までする」ということを、パートナーや医師と十分に話し合っておくようにしましょう。

カンジダ市販薬が効かない!私のしつこいカンジダが治った理由
Pocket
LINEで送る

関連記事

カンジダ市販薬が効かない!私のしつこいカンジダが治った理由

カンジダ治療体験談

  1. 964cda47790a4556c70f6b9e869956e1_m
    カンジダをうつしてしまいました。ごめんなさい。カンジダは女性の4人に3人がかかる性器の病気。…
  2. ca7566e9924c152382b7182e5fc3d581_m
    旦那にカンジダをうつしたと告白すると、烈火のごとく怒るケースがあります。なぜなら浮気を疑っているから…
  3. 06e543d4e789da7f2e8d7265e3ebec2f_m
    カンジダのかゆみの止め方を36人に聞いてみました。…
  4. 2013-07-27_22h27_57
    私が3週間続けて風邪薬を飲んでも、カンジダを再発させなかった乳酸菌があります。 再発させ…

ZENBACK

ページ上部へ戻る