排卵誘発剤を使わずとも自然に排卵?神がくれたチャンスに望んだ人工授精

2013-10-02_21h54_06

人工授精をする場合、多くは周期の初めからきちんと排卵誘発を行なって、卵胞を育てるのが基本です。

しかし、自力で排卵できる人、また、なるべく排卵誘発剤を使いたくないという人は、自然周期での人工授精をすることもあります。

今回は、私が自然周期で人工授精をし、それが失敗に終わってしまった時の体験です。

排卵誘発剤なしでも卵胞が育っている?

人工授精を4回ほど実施しても妊娠に至らなかった私は、1~2周期人工授精をお休みするつもりでいました。

先生も「少し休憩を入れた方がいいかもね」と言ってくれたので、1周期は何もせずにのんびりと過ごし、次の生理がきたらクリニックへ行こう、と考えていました。

しかし、待っていても全く生理がきません。

治療をお休み中に妊娠する、というのはよく聞く話。すわ妊娠か!!と期待して妊娠検査薬を使うも、結果は真っ白の陰性です。

やっぱり排卵誘発剤を使わなければ排卵しないのだと思い、その2日後に私はクリニックへ向かいました。

ところが、クリニックで内診してもらうと、なんと卵胞らしきものが育っているのです。

この時点で周期は36日目でしたが、先生も
「うーん、これは卵胞…かなあ?」
と首を傾げていましたが、基礎体温もまだ低温期。

自然周期なら遅い排卵も十分に考えられるとして、急遽翌日に人工授精が行われることになりました。

思いがけずできた人工授精に期待が膨らむ

当時、私は排卵誘発剤を使って何とか排卵ができるという状態であったため、自然に排卵が起こるということは考えてもみませんでした。

しかし、お休みのつもりでいた周期にきちんと卵胞が育っていて、たまたま病院に行った日がちょうどよいタイミングだったということは、これは神様がくれたチャンスなのではないかと思えてきました。

これだったら妊娠できるかもしれないと、期待に胸が膨らみました。

翌日は夫が休めなかったため、自宅で採精してそれを病院に持って行きました。

季節が冬だったので、冷えて精子が死んでしまわないよう容器をポケットの中に入れ、手で握りしめながら病院まで持って行きました。

どこまでも高まる期待

病院の受付で精子が入った容器を渡し、濃縮・洗浄が終わるのを待ちます。

作業が終わると内診室に呼ばれ、卵胞をチェック。まだ昨日の大きさのまま卵胞が残っていたので、このまま排卵するだろうということで、予定通り人工授精が行われました。

いつもの人工授精と同じように、その後抗生物質を処方してもらい、帰宅しました。

夫とも「お休みするつもりだったけど、人工授精できてよかったね」という話をしながら、今回こそはという期待を抱えていたのです。

次の記事に続きます

乳酸菌でカンジダ再発予防|陰部の痒みを繰り返さない体作りのコツ
Pocket
LINEで送る

関連記事

乳酸菌でカンジダ再発予防|陰部の痒みを繰り返さない体作りのコツ

カンジダ治療体験談

  1. 06e543d4e789da7f2e8d7265e3ebec2f_m
    カンジダのかゆみが出た時の対処法。自宅での治療法をアンケート。…
  2. 2013-07-27_22h27_57
    私が3週間続けて風邪薬を飲んでも、カンジダを再発させなかった乳酸菌があります。 再発させ…
  3. 2014-07-22_22h50_23
    カンジダと便秘予防に繋がりました。生理前にカンジダを再発させたくなくて、世界にただ一つのデーデルライ…
  4. 2014-07-16_21h51_51
    カンジダの市販薬だけでは治りきらなかったけど、サプリも併用して自宅治療した体験談です。その後病院に行…

ZENBACK

ページ上部へ戻る