コレが敵!不妊の原因とあなたを徹底的にサポートする強い味方

2013-04-22_22h22_52

赤ちゃんが欲しくて頑張っているのに、なかなか妊娠しない…
そうなると気になってくるのが
「もしかして、なにか原因があるの?」
ということ。

妊娠すること自体30%以下という確率でしかありませんが、
それでも妊娠しない期間が長くなればなるほど不安は募るものです。

妊娠できない原因とは、どのようなものが考えられるのでしょうか。

不妊の原因になるものとは

不妊の原因には、大きく女性側の原因と男性側の原因に分けられます。

まず女性側の原因として多いのが排卵障害や黄体機能不全。
排卵障害は、ホルモンバランスの乱れから自力で排卵ができなくなり、
妊娠のおおもとである卵子が排出されない、というもの。

黄体機能不全は、妊娠するために必要な子宮内膜を育てる黄体ホルモンの分泌が不十分なため、
妊娠が成立しにくくなるもの。この場合は高温期が安定せず、長く続かないのが特徴です。

また、クラミジア感染による子宮内膜の癒着、子宮筋腫や子宮奇形による着床障害、
卵管のつまりなども不妊の原因です。

しかし、女性の場合、最も大きな不妊の原因は年齢です。
年齢による影響は、卵子の老化、卵巣機能の低下、流産率の増加など深刻で、
不妊治療の成功率も年齢が上がるにしたがって低くなります。

「まだ大丈夫」という過信は禁物です。

一方、男性側の原因としては、精子を作る機能の障害や、精子の通り道が詰まっている通路障害によって、
精子の数が少なかったり質が悪かったりすることが考えられるほか、EDも不妊の原因としてあげられます。

原因を突き止めたいなら専門クリニックへ

考えられる原因は多くありますが、不安に思うことがあるなら一度不妊専門クリニックを受診してみましょう。

一人でいろいろ考えていても、原因が突き止められるわけではありません。
専門のクリニックで原因を調べてもらえば、適切な対策を打つことが可能です。

近くの産婦人科でも検査はしてくれますが、検査の種類や技術に限度もあり、
詳しい検査はしてくれなかったり、大きな病院を紹介されることも多いもの。

専門クリニックは敷居が高いような気がして気後れしてしまいがちですが、
二度手間や転院にかかる時間を省くためにも、最初から不妊専門クリニックで検査することをオススメします。

私は普通の産婦人科と不妊専門クリニック、両方に通いましたが、専門クリニックの方が検査や診察も丁寧で、スタッフも親身になってくれるので、最初から躊躇せずに専門のクリニックに通えばよかったと後悔しました。

妊娠しない、その原因を突き止めることが、妊娠への第一歩。
自分の体を知るためにも、まずは専門クリニックで検査を受けることから始めましょう。
カンジダ市販薬が効かない!私のしつこいカンジダが治った理由
Pocket
LINEで送る

関連記事

乳酸菌でカンジダ再発予防|陰部の痒みを繰り返さない体作りのコツ

カンジダ治療体験談

  1. 964cda47790a4556c70f6b9e869956e1_m
    カンジダをうつしてしまいました。ごめんなさい。カンジダは女性の4人に3人がかかる性器の病気。…
  2. ca7566e9924c152382b7182e5fc3d581_m
    旦那にカンジダをうつしたと告白すると、烈火のごとく怒るケースがあります。なぜなら浮気を疑っているから…
  3. 06e543d4e789da7f2e8d7265e3ebec2f_m
    カンジダのかゆみが出た時の対処法。自宅での治療法をアンケート。…
  4. 2013-07-27_22h27_57
    私が3週間続けて風邪薬を飲んでも、カンジダを再発させなかった乳酸菌があります。 再発させ…

ZENBACK

ページ上部へ戻る