卵巣嚢腫が不妊の原因どころかガンの原因に?肌で感じたセカンドオピニオンの大切さ

2015-10-19_14h44_31

20代前半で結婚した私。当初は本格的に子供が欲しいとは考えていませんでした。

それから3年が経過し、後から結婚した友達が次々と子どもを授かるようになると、「なぜ自分には子供が出来ないのだろう」と不思議に感じるようになっていきました。

しかし、不妊の原因を調べるには勇気と夫の賛同が必要です。協力を得られない事を理由に、問題をそのまま放置していたのです。

今思えば、私に子どもが出来なかったのは卵巣嚢腫が原因だったのだと思います。

なぜなら、卵巣嚢腫の手術を受けた後、すぐに子どもを授かる事が出来たからです。

1.卵巣嚢腫の自覚症状無しで10年

卵巣嚢腫がある事は、10代の頃から知っていました。

左右両方の卵巣に、3㎝ほどのサイズのものが出来ている状態でした。サイズ的には、手術の必要はありませんでしたので、経過観察を受ける事になっていたのです。

半年に一度、エコーでサイズを見てもらい、大きくなっていないのか観察します。

定期的に婦人科に通うのは中々面倒です。サボる事も度々ありましたが、サイズ的には大きく変わらないようでした。

医師からも、手術を進められる事もありませんでしたので、そのままの状態が10年。痛みもありませんでしたので、自覚症状などもありませんでした。

2.結婚する前に相談

結婚が決まった際に、念のため、医師に確認をすることにしました。卵巣嚢腫がある事で、子どもが出来にくい事はないのかが気になったからです。

医師からの返答は、「特に問題ないだろう」との事でした。

サイズ的にも小さいものでしたので、そのような回答になったのだと思います。また、ネットなどで調べても、卵巣嚢腫があろうと妊娠している人も多いようでしたので、安心していました。

3.3年たっても妊娠しない

3年経っても妊娠しないので、さすがに何か原因があるのだろうと思いました。

婦人科を再度、受診しましたが、卵巣嚢腫のサイズは特に変わらず。10年前よりは大きくなっていましたが、手術をする程ではないとの事でした。

そうなると、卵巣嚢腫以外の原因を疑わなくてはなりません。様々な検査を受ける前に、セカンドオピニオンとして、他の医師に診てもらう事にしました。

4.手術が必要ないと言われていたのに…他院で手術を進められる

慎重に病院を選び、やっと予約が取れたので、全てを話して指示をあおりました。

その医師は、妊娠以前に、長い間放置されていた卵巣嚢腫の危険性を説明してくれました。

  • サイズ的に問題はなくとも、手術を受ける事を進めるギリギリのサイズである事。
  • 放置し、ガン化する可能性もある事。
  • 茎捻転という、根本からねじれ、激痛を感じる可能性がある事。
  • そして、不妊の原因ともなりうつ可能性がある事。

説明を受けた私は、衝撃を受けました。

そのような話は、今までに一度も聞いていなかったのです。特に、ガン化に恐怖を感じ、手術を受ける事となりました。

そして、前述の通り術後にすぐ妊娠。

やはり、卵巣嚢腫があったことで何らかの障害となっていたようです。妊娠後でも、再発する可能性があるので、現在も定期健診に通っています。

思い返せば、病院を変えていなければ、ずっと卵巣嚢腫を放置していたでしょう。不妊の原因を探ろうと、様々な検査を受けていたのも予想出来ます。

どんな病気についてもいえることですが、不信に感じたら、セカンドオピニオンの意見を求める事も大切。一つの病院の一人の医師に頼り切りなのも、怖い場合もあるのだなと感じた出来事です。

乳酸菌でカンジダ再発予防|陰部の痒みを繰り返さない体作りのコツ
[`evernote` not found]
Pocket
LINEで送る

関連記事

乳酸菌でカンジダ再発予防|陰部の痒みを繰り返さない体作りのコツ

カンジダ治療体験談

  1. 964cda47790a4556c70f6b9e869956e1_m
    カンジダをうつしてしまいました。ごめんなさい。カンジダは女性の4人に3人がかかる性器の病気。…
  2. ca7566e9924c152382b7182e5fc3d581_m
    旦那にカンジダをうつしたと告白すると、烈火のごとく怒るケースがあります。なぜなら浮気を疑っているから…
  3. 06e543d4e789da7f2e8d7265e3ebec2f_m
    カンジダのかゆみの止め方を36人に聞いてみました。…
  4. 2013-07-27_22h27_57
    私が3週間続けて風邪薬を飲んでも、カンジダを再発させなかった乳酸菌があります。 再発させ…

ZENBACK

ページ上部へ戻る