不妊治療子宮頸がん検査の内容|望みをつなぐために必要なこと

a172e3361c08a31a971093b7d2140bc6_s

女性特有のガンである子宮頸がんは、
悪化すると子宮そのものを切除しなければならない、または命にかかわることもある病気です。

多くの人は年1回の子宮がん検診を受けていると思いますが、
不妊検査においても、まず子宮頸がんの検査が行われます。

子宮頸がん検査の目的

子宮頸がんは、子宮の入口付近にできる悪性腫瘍です。

子宮がんというと、治療のために子宮を全て摘出しなければならないと思い込む人も多いのですが、
早期発見、早期治療ができれば、子宮を残し、妊娠・出産への望みをつなぐことができます。

子宮頸がんは自覚症状が乏しい病気で、妊娠中の検診ではじめて発覚することも多い病気です。

そのため、不妊検査においても妊娠前の段階で子宮頸がんの疑いをなくし、
安心して妊娠に臨めるようにするのが目的です。

検査方法

経膣超音波検査と同じような形で行われます。

子宮頸部の状態を目で見て確認し、超音波によって子宮に異常がないかどうかを診察します。
また、触診では膣から手を入れて子宮口のあたりを確認し、お腹の上から子宮をおさえて、
大体の位置や大きさ、しこりなどがないかを確かめます。

子宮頸がん検査のメインは、
膣から綿棒のようなものを挿入して子宮頸部の粘膜をかるくこすり取り、細胞を調べるもの。

この検査は医師のやり方によっては多少痛いこともあり、
また検査後に少量の出血が見られることもありますが、心配はいりません。

検査結果が意味すること

子宮頸がんの検査結果は、従来クラス表示が行われていましたが、
最近ではベセスダシステムと呼ばれるもので表示されるようになりました。

NILM/クラスⅠ.Ⅱという結果であれば、正常な細胞のみが検出されているので、がんの心配はないと言えます。
それ以上のクラスの場合は、精密検査が必要となります。

子宮頸がんはヒトパピローマウイルス(HPV)への感染が原因で起こりますので、
精密検査ではまず感染の有無を調べ、感染がない場合には経過観察、
感染がある場合には、さらに詳しい検査へと進みます。

子宮頸がんの検査でわかるものは、がん以外の炎症や良性の腫瘍などもあるため、

子宮頸がん検査で異常があったからといってすぐさまがんであるとか
子宮切除しなければならないという考えは早計です。

まずは先生の話をよく聞き、今後の検査に臨むようにしましょう。


アドバイス

子宮頸がんは、女性に起こるがんとしては発症率の高いものです。

原因がヒトパピローマウイルス感染であるため、
性行為をしたことのある女性なら誰でも子宮頸がんにかかる可能性があるからです。

しかし、早期に発見して適切な治療をすることによって、その後の妊娠や出産が可能になります。

不妊検査においては、妊娠するにあたって心配や障害となるものを取り除く目的で行われるものですから、子宮頸がんの検査といっても構えずに臨みましょう。

カンジダ市販薬が効かない!私のしつこいカンジダが治った理由
Pocket
LINEで送る

関連記事

乳酸菌でカンジダ再発予防|陰部の痒みを繰り返さない体作りのコツ

カンジダ治療体験談

  1. 964cda47790a4556c70f6b9e869956e1_m
    カンジダをうつしてしまいました。ごめんなさい。カンジダは女性の4人に3人がかかる性器の病気。…
  2. ca7566e9924c152382b7182e5fc3d581_m
    旦那にカンジダをうつしたと告白すると、烈火のごとく怒るケースがあります。なぜなら浮気を疑っているから…
  3. 06e543d4e789da7f2e8d7265e3ebec2f_m
    カンジダのかゆみが出た時の対処法。自宅での治療法をアンケート。…
  4. 2013-07-27_22h27_57
    私が3週間続けて風邪薬を飲んでも、カンジダを再発させなかった乳酸菌があります。 再発させ…

ZENBACK

ページ上部へ戻る