不妊治療子宮頸がん検査の体験談|崩れた20代だからという根拠のない自信

4916e371ec17622e8153ba1744dd48ab_s

不妊検査においては、初診時に行われることが多い子宮頸がん検査。
ここでは、子宮頸がん検査のおおまかな流れや内容を体験談にまとめました。
不妊検査で初めて受ける人も、毎年自治体の子宮がん検診を受けている人も、ぜひ参考にしてください。

検査の様子

私の場合、不妊検査の初診時に子宮頸がん検査を受けました。
最初に先生から、生理についてや、不正出血、おりものの異常など気になることはあるか、
また妊娠・出産の有無などを聞かれた後、内診室へ移動するように言われました。

内診室で下着を脱ぎ内診台に上がると、先に経膣超音波検査が行われました。
その後が子宮頸がんの検査です。

まず触診で、膣の中の状態を確認されました。
膣の中から手を入れられ、またお腹を上から押さえられてかなり不快感がありましたが、すぐに終わりました。

とにかく不快

次に、クスコという器具を挿入されました。
クスコは膣鏡とも言われ、膣の中や子宮口の様子を確認する時に、膣内を広げるために使われるものです。
この時に、視診も行われます。

次が、子宮頸がん検査のメインである子宮頸部の細胞採取です。
「少し痛みがありますよ」
と声がかけられ、細い棒のようなものが入ってきたと思うと、
お腹の中をこすられるような、グリグリされるような、

今まで感じたことのない不快感とも痛みともつかないものを感じました。

時間にすると数秒という短いものでしたが、なにせ初めてのことでしたので、
こすられている間はとても長く感じました。

経膣超音波検査でプローブを挿入されるのとはまた違う、もっと鋭角的な感覚で、
初めて受けたこの時は、できればもう経験したくないと思いました。

細胞の採取が終わると、あとは看護師が膣の洗浄と消毒をしてくれて終了です。
少量の出血があるかもしれないということで、おりものシートを渡されました。

検査の結果

子宮頸がん検査の結果はその場ではわからず、2週間後くらいに再来院した時に伝えられました。
私の検査結果はクラスⅠで、がんの心配はないとのことでホッとしました。

ちなみに、私が検査を受けた時の結果の見方は、

  • クラスⅠ、Ⅱが「正常」
  • クラスⅢが「がんではないかもしれないが異常あり」
  • クラスⅣ以上で「がんの可能性が高い」

というものでした。

検査をして感じたこと

子宮頸がんというものは、正直言って自分には全く関係のないものだと思っていました。

今でこそヒトパピローマウイルスへの感染が原因であるということがはっきりした子宮頸がんですが、
私が検査を受けた当時はそれがよく知られていなかったため、余計に
「妊娠も出産も経験がないし、まだ20代なのだから子宮がんなんかにかかるわけがない」
という根拠のない自信があったことも事実です。

ただ、こうして実際に検査を受けると「もしも、万が一がんが見つかったらどうしよう…」
という不安が出てきましたし、

実際に子宮頸がんになった人の話や、妊娠中に子宮頸がんが見つかった人の話をインターネットなどで調べて、
必要以上に不安になってしまったりもしました。

結果は異常がなかったので安心できたのですが、この時の不安感は今も忘れることができません。

この不妊検査を機に、検査が痛いとか不快だとか言わず、とにかく毎年必ず子宮頸がんの検診を受けようと決意しました。

カンジダ市販薬が効かない!私のしつこいカンジダが治った理由
Pocket
LINEで送る

関連記事

乳酸菌でカンジダ再発予防|陰部の痒みを繰り返さない体作りのコツ

カンジダ治療体験談

  1. 964cda47790a4556c70f6b9e869956e1_m
    カンジダをうつしてしまいました。ごめんなさい。カンジダは女性の4人に3人がかかる性器の病気。…
  2. ca7566e9924c152382b7182e5fc3d581_m
    旦那にカンジダをうつしたと告白すると、烈火のごとく怒るケースがあります。なぜなら浮気を疑っているから…
  3. 06e543d4e789da7f2e8d7265e3ebec2f_m
    カンジダのかゆみの止め方を36人に聞いてみました。…
  4. 2013-07-27_22h27_57
    私が3週間続けて風邪薬を飲んでも、カンジダを再発させなかった乳酸菌があります。 再発させ…

ZENBACK

ページ上部へ戻る