不妊治療子宮内腔培養検査の内容|妊娠するために子宮の中も除菌せよ!

513e35e564517c1753d0c6f382a302dd_s

受精卵が着床して妊娠するためには、子宮がよい状態でなければなりません。
子宮内腔培養検査では、子宮の中に炎症などを起こす細菌によって、着床が妨げられていないかを調べます。

この検査は比較的新しい検査であり、初診で行われることはほとんどありません。
多くの場合、治療が進んでから医師の判断で行われます。

では、子宮内腔培養検査の詳しい内容をみていきましょう。

子宮内腔培養検査の目的

妊娠が成立するためには、受精卵の状態はもちろんのこと、子宮の状態が整っている必要があります。
ポリープや子宮筋腫などがあって、でこぼこしている子宮内では着床が難しくなりますし、
子宮内膜炎などの炎症がある場合も、受精卵は着床することができません。

子宮内膜炎の原因となっている細菌が、受精卵の着床を邪魔しているのです。
また、細菌感染は流産や早産の原因にもなります。
運良く着床しても、残念な結果になってしまうことが多いのです。

子宮内腔培養検査では、子宮内に着床を阻害する雑菌や細菌が繁殖しているかどうかを調べ、
妊娠の妨げる要因の有無を確認します。

検査方法

子宮内に細い綿棒のようなものを挿入し、分泌物を採取し、それを培養します。
検査方法は子宮頸がんの検査と似ています。
少し痛みを感じる人もいるようですが、外来で簡単に行える検査です。

検査結果が意味すること

子宮内に炎症を起こす細菌はいろいろありますが、主なものは

  • 淋菌
  • 連鎖球菌
  • ブドウ球菌
  • 大腸菌
  • クラミジア
  • 結核菌

などです。

また、炎症がなくても、子宮内にいるはずのない細菌が存在していると、着床を阻害する原因となりますので、
これらの菌に合った抗生物質を処方して治療をしていきます。
ほとんどの場合は、抗生物質を1週間~10日前後服用することで、細菌を除去することができるでしょう。

アドバイス

子宮の中は普通、無菌状態です。

そこに雑菌や細菌が入り込むことはあまりないのですが、
タンポンを長時間入れたままにするなど、不潔な状態でいたりすると感染することもありますし、
まれに流産の処置の後や、人工妊娠中絶手術の後などに感染することがあります。

自覚症状がなくても、子宮の中に細菌が存在することで炎症が進み、
ますます受精卵が着床しにくくなるだけでなく、
腹膜炎を起こす危険性もありますので、早めの治療が大切です。

カンジダ市販薬が効かない!私のしつこいカンジダが治った理由
Pocket
LINEで送る

関連記事

カンジダ市販薬が効かない!私のしつこいカンジダが治った理由

カンジダ治療体験談

  1. 964cda47790a4556c70f6b9e869956e1_m
    カンジダをうつしてしまいました。ごめんなさい。カンジダは女性の4人に3人がかかる性器の病気。…
  2. ca7566e9924c152382b7182e5fc3d581_m
    旦那にカンジダをうつしたと告白すると、烈火のごとく怒るケースがあります。なぜなら浮気を疑っているから…
  3. 06e543d4e789da7f2e8d7265e3ebec2f_m
    カンジダのかゆみの止め方を36人に聞いてみました。…
  4. 2013-07-27_22h27_57
    私が3週間続けて風邪薬を飲んでも、カンジダを再発させなかった乳酸菌があります。 再発させ…

ZENBACK

ページ上部へ戻る