子宮内膜症手術2日目|恐怖二日目なのにお風呂!

2015-02-12_17h00_18

子宮内膜症手術翌日の話はこちら

手術翌日は、歩く事が出来るようになったものの、痛みがあり、起き上がるのさえ大変な1日でした。そんな状態で迎えた2日目。なんと、風呂に入らなくてはならない予定があり憂鬱な気持ちで一杯。

傷にお湯が染みるだろうとの予想と、痛みがあるままで、洗う事が出来るのだろうかと不安がありました。

痛み具合

1日ごとに楽になるのではとの予想を大きく裏切り、相変わらず痛む状態。起き上がるのにも一苦労だし、歩くたびにズキズキと痛みが走っていました。

しかし、退院までの予定は5日から一週間との事で、頑張って歩く事を心掛けていました。私が手術をお願いした病院は、自宅から1時間程度電車に乗る必要がある病院です。このまま痛みが続くようでは、とてもじゃないが、自宅までは辿り着けないのではと不安を感じました。

術後の診察

午前中の診察が始まる前の早い時間に病室に呼ばれました。挨拶もそこそこに、触診が始まり、傷の様子も見て行きます。触診では、お腹を強く押され、思わず痛いと言ってしまいました。

傷の具合や、術後の経過は問題ないとの事で、一安心。残る不安は、取り除いた部分の検体検査の結果です。「もし悪性だったらどうなるのですか?」と質問すると、悪性の場合には、再度手術をする旨を説明されました。

検査の結果が出るまでは、気にしない方が良いとのアドバイスを受け、病室を後にします。手術前の緊張感溢れる様子とは異なり、やや砕けた口調だったのが印象的です。私自身も手術が終わり、安心していたので、世間話などをする余裕がありました。

緊張のお風呂

昼食を食べ終わり、部屋でゆっくりしていると、看護師さんが風呂の確認に訪れました。

入院初日から顔を合わせている看護師さんだったので、お風呂に入りたくないと正直に言ってみました。看護師さんは笑い、体と傷を綺麗にする必要があるので、頑張って入るように励ましてくれます。我がままを言っても仕方がないので、風呂の予約を取る事にしました。

風呂に入るときには、時間を予約しなくてはならないのです。予約の時間になり、風呂へ向かいましたが、服を脱ぐのにさえ時間が掛かります。なにしろ、どの方向に動こうと、お腹が痛むのです。

シャワーを細くだし、手に貯めたお湯を怖々とお腹に掛けていきます。染みるのだろうと思っていましたが、透明のポンドのようなものが貼られているおかげなのか、全く染みません。染みない事に安心し、なんとか全身を洗い終え、風呂を終える事が出来ました。

手術から2日が経ち、体を清潔にしたせいか、気分もすっきりとしました。歩く事にも慣れてきたせいか、ゆっくりとではあるものの、フロアを一周してみたりして過ごしていました。

食事は、通常食になり、固形物も食べる事が出来ます。術後2日目の心配は、まだ便が出ていない事です。元々、便秘気味だったのに加え、お腹が痛くて踏ん張る事も出来ません。出来るだけ水分も取るようにし、翌朝出なければ、下剤を飲む事となりました。

カンジダ市販薬が効かない!私のしつこいカンジダが治った理由
[`evernote` not found]
Pocket
LINEで送る

関連記事

乳酸菌でカンジダ再発予防|陰部の痒みを繰り返さない体作りのコツ

カンジダ治療体験談

  1. 964cda47790a4556c70f6b9e869956e1_m
    カンジダをうつしてしまいました。ごめんなさい。カンジダは女性の4人に3人がかかる性器の病気。…
  2. ca7566e9924c152382b7182e5fc3d581_m
    旦那にカンジダをうつしたと告白すると、烈火のごとく怒るケースがあります。なぜなら浮気を疑っているから…
  3. 06e543d4e789da7f2e8d7265e3ebec2f_m
    カンジダのかゆみの止め方を36人に聞いてみました。…
  4. 2013-07-27_22h27_57
    私が3週間続けて風邪薬を飲んでも、カンジダを再発させなかった乳酸菌があります。 再発させ…

ZENBACK

ページ上部へ戻る