ゴールデンウィーク中の出産|費用をめぐる妊婦さんの仁義なき戦い

008398

産婦人科はコールテンウイーク中の計画分娩で大忙し。

祝日料金で割増になるため、分娩費用を心配してゴールデンウイークはなんとしても避けたいママもおりますが、ゴールデンウィーク中を狙って出産するママも結構いるのです。

病院の人の話では、お母さんと赤ちゃん両方の命を預かるため精神的にも肉体的にもへとへとになるそうです。

なぜこのようなことが起こるのでしょうか。

ゴールデンウィーク中に出産派

ゴールデンウイーク中に出産したい理由は大きく二つあります。

一つは連休中にトラブルが発生すると怖いので、分娩の日付を早めてゴールデンウィーク中に出産してしまおうというもの。
確かに、産気づいた妊婦さんが救急車ごとたらいまわしにされるケースがあるので、万が一に備えておこうという気持は良くわかりますね。

もともと産婦人科の数が減ってきているうえに、すでに予約でいっぱいですから。

そしてもう一つが、夫が休みの時に出産したいという気持ちからです。
陣痛中に付き添ってもらえるのは非常に心強いでしょう。

また連休中の間、毎日お見舞いに来てもらえます。
一緒に新生児室の赤ちゃんを眺めるもよし、最後のふたりきりの落ち着いた時間を楽しむのも良いでしょう。
退院した後は、終わりのない赤ちゃんとの格闘の毎日が始まりますから。

ゴールデンウィーク中は避けたい派

何と言っても分娩費用が割高になる祝日割増が最大の理由です。
深夜だとさらに深夜割増も加算されます。

一番費用がかからないのは平日の昼間なので、分娩費用が心配な方は平日を狙うのは当然ですよね。

ところで料金割増ですが、入院したときの時間が基準でしょうか。それとも出産した時の時間が基準でしょうか。

あなたはどちらだと思いますか?

実はどちらも基準になります。
病院側も商売ですので、なるべく費用がかかるルールにしていると考えておいた方が良いです。
もちろん稀にですが、休日割増、深夜割増ともに行わない病院も存在するようですが・・・。

ちなみに、深夜23時55分に病院に駆け込んで次の日に出産すると、まる2日分の費用を請求されます。
このため、夜中に産気づいても日付が変わるまでは入院を我慢する妊婦さんもいます。

そこまでして!って思いますが。

これから子供を育てていくわけだしお金の心配は仕方ないですけど、体に無理をして万が一の事があっては悔やんでも悔やみきれないです。
余り無茶なことはせず、しっかりと赤ちゃんを産むことに専念してもらいたいものです。

カンジダ市販薬が効かない!私のしつこいカンジダが治った理由
Pocket
LINEで送る

関連記事

カンジダ市販薬が効かない!私のしつこいカンジダが治った理由

カンジダ治療体験談

  1. 964cda47790a4556c70f6b9e869956e1_m
    カンジダをうつしてしまいました。ごめんなさい。カンジダは女性の4人に3人がかかる性器の病気。…
  2. ca7566e9924c152382b7182e5fc3d581_m
    旦那にカンジダをうつしたと告白すると、烈火のごとく怒るケースがあります。なぜなら浮気を疑っているから…
  3. 06e543d4e789da7f2e8d7265e3ebec2f_m
    カンジダのかゆみの止め方を36人に聞いてみました。…
  4. 2013-07-27_22h27_57
    私が3週間続けて風邪薬を飲んでも、カンジダを再発させなかった乳酸菌があります。 再発させ…

ZENBACK

ページ上部へ戻る