もうすぐ旅行なのにトリコモナス膣炎に…気をつけることは?

2016-10-11_14h11_02

病気は思わぬ時にかかるもの。旅行を控えている時にトリコモナス膣炎にかかってしまった…そんな時はどんなことに気を付ければいいのでしょうか?

とにかく婦人科を受診!

トリコモナス膣炎の主な症状は、おりものの異常と陰部のかゆみ。このような症状がある場合には、すぐに婦人科を受診するようにしてください。

おりものの異常と陰部のかゆみが現われる病気は他にもあるため、トリコモナス膣炎以外の病気かもしれません。

陰部はかゆくても人前でかける場所ではないため、長時間を他人と一緒に過ごす旅行ではつらいかもしれません。

少しでもかゆみを抑えるためにも、早く治療を始めましょう。治療には2週間程度かかります。できるだけ旅行前に治しておきたいですね。

旅行までに治らなかった場合には

残念ながら旅行までに治らなかった場合には、治療を続けながら旅行に行きましょう。旅行中だからと言って、自己判断で治療を中断しないようにしてください。

しっかり治療をして完治しておかないと、また再発してしまいますよ。残念ですが、内服治療中の飲酒は禁止です。

旅行相手にうつさないようにするには

トリコモナス膣炎は性感染症の一種なので、性行為で感染します。完治するまで性行為をするのはやめましょう。

性行為だけが感染ルートであればいいのですが、トリコモナス膣炎は便座や浴槽の椅子、タオルや下着などからも感染する可能性があります。そのため、一緒に旅行する相手に移さないように注意する必要があります。

残念ですが、温泉やプールは人にうつしてしまう可能性があるのでやめておきましょう。

ホテルの室内浴室を使用する場合には、自分が一番最後に入るようにして、椅子や浴槽をしっかりと洗いながしてください。身体を拭いたタオルは別にして、相手が誤って使用しないようにしてください。下着はビニール袋に入れて密封して持ち帰るようにしましょう。

洋式便座を使用した後には、消毒用エタノールで消毒するようにしてください。トリコモナス膣炎は悪臭のあるおりものが出るので、消臭効果の高いナプキンをつけ、こまめに交換すると安心ですよ。

旅行を楽しむためには

トリコモナス膣炎にかかっていることを、他人に知られたくない方がほとんどだと思います。温泉やプールに入れない理由、入浴を最後にしてほしい理由を、前もって考えておくといいですね。生理だということにしてもいいかもしれません。

治療をきちんと続けながら、相手にうつさないように気を付けて、旅行を楽しんでくださいね。

乳酸菌でカンジダ再発予防|陰部の痒みを繰り返さない体作りのコツ
[`evernote` not found]
Pocket
LINEで送る

関連記事

乳酸菌でカンジダ再発予防|陰部の痒みを繰り返さない体作りのコツ

カンジダ治療体験談

  1. 964cda47790a4556c70f6b9e869956e1_m
    カンジダをうつしてしまいました。ごめんなさい。カンジダは女性の4人に3人がかかる性器の病気。…
  2. ca7566e9924c152382b7182e5fc3d581_m
    旦那にカンジダをうつしたと告白すると、烈火のごとく怒るケースがあります。なぜなら浮気を疑っているから…
  3. 06e543d4e789da7f2e8d7265e3ebec2f_m
    カンジダのかゆみの止め方を36人に聞いてみました。…
  4. 2013-07-27_22h27_57
    私が3週間続けて風邪薬を飲んでも、カンジダを再発させなかった乳酸菌があります。 再発させ…

ZENBACK

ページ上部へ戻る